韓国ダンスサバイバル番組『ストリートウーマンファイター』出演者・日本からの視聴方法まとめ

この記事の著者

韓国出身のKPOP・韓国芸能専門フリーライター。慶応義塾大学卒業。

日本にて韓国ドラマや映画の翻訳及び輸入事業をサポート。広告代理店勤務を経て、2012年から韓国Mnetにて、M COUNTDONWやMAMAなどのPRやマーケティングに関わる。

現在は同社退職後、フリーライターとして、幅広い形で日韓文化交流にかかわっている。

2021年8月、韓国で放送が始まって大きな話題を集めている『ストリートウーマンファイター(STREET WOMAN FIGHTER)』

TWICE、BLACKPINK、ITZYなどの振付を担当する、今、韓国のダンス界を代表する女性ダンサーたちによるサバイバルで!

カン・ダニエルがMCをつとめ、BoAとNCTテヨン、SM有名振付師ファン・サンフンが審査員として出演しています。

『ストリートウーマンファイター(STREET WOMAN FIGHTER)』の詳しい番組紹介と、最新順位、日本視聴方法などについて紹介いたします。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

『ストリートウーマンファイター』のMCと審査員

『ストリートウーマンファイター(STREET WOMAN FIGHTER)』のMCをつとめるのはソロアーティストのカン・ダニエル

カン・ダニエルもMnetのサバイバル番組出身者で、今回はMCをつとめるなんてちょっと面白い展開な気がします。

それから審査員として出演するのはSMエンターテインメントのBoAとNCTテヨンと、ファン・サンフン

BoAとNCTテヨンはもちろんSMエンターテインメントを代表するアーティストで!

ファン・サンフンは実は2002年にSMからデビューしたBlack Beatというグループのメンバーでした。

でもグループ活動はあまり上手く行かず、アイドルとしての活動を終えた後は、SMエンターテインメントの振付師兼パックアップダンサーをしています。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

『ストリートウーマンファイター』出演者紹介

『ストリートウーマンファイター』に出演するのは8つのダンスクルー!

Mnetのサバイバル番組って、まだまだプロじゃない人たちがプロになりたくて出演するというスタイルが多いのですが。

『ストリートウーマンファイター』は業界ではすでにトップクラスとして認められている人たちが、その中でまたトップを競うというものになります。

YGX

ITZYのあの肩ダンスを作ったLEEJUNGがリーダー!

YG傘下レーベル所属ダンサーたちで構成されています。

所属ダンサーのイェリはJDSF(Japan Dance Sportsdance Federation)が主催した2019アジアダンススポーツゲームのブレイキングパートで銅メダルを獲得した実力の高いB-Girlです。

(今回、参加するダンサーの中では唯一のB-Girl!)

LACHICA

チョンハ、BoA、asepaなどトップ女性アーティストの振付を担当しています。

セクシーで色っぽいキャラクターとダンスが特徴的。

そんなダンススタイル&見た目とは違ってお節介でお世話焼きな面があって好感度の高いクルーです。

WANT

TWICE、ソンミ、I.O.Iなどの振付を担当する1MILLIONの所属ダンサーによるチーム。

数え切れないほどたくさんのK-POPアーティストの振付を担当している1MILLION所属だけあってとてもトレンディなダンスが特徴です。

IZ*ONE出身チェヨンも、ここのクルーで参加しています。

WAYB

SHINee、KAIのかわいすぎるバックアップダンサーとして有名なno:ze率いるダンスクルー。

顏だけかわいいクルーだと思ったら大誤算!

みんな実力もトップクラスです。

CocaNButter

韓国ガールズヒップホップ界で有名!

パワフルな雰囲気と強めのキャラクターで存在感が高いです。

PROWDMON

出演者たちがみんな”先生”と呼ぶベテランダンサーたちによるクルー!

リーダーのモニカさんはソウルにある専門学校の教授として学生を教えています。

HolyBang

パク・ジェボムのミューズとして知られるHoney Jが率いるガールズヒップホップダンスクルーです。

HOOK

BTSのカバーダンスで本人たちにお墨付きもらったAikiによるダンスクルーです!

出演者の中での知名度はスバ抜いてトップクラス。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

『ストリートウーマンファイター』最新順位(※順次更新中)

ここでは番組で放送された各ミッションの最新順位を紹介します。

放送に合わせて更新を続けています。

1次ミッション:弱者名指しバトル

ダンサーが自分より弱いと思う相手を選び、1対1でダンスバトルを行うミッション。

トップクラスのダンサーたちらしく、ただ勝つことを目的とせず、本当に自分がライバルだと思うダンサーを選ぶことが多く、数多くの名場面が生まれました。

もっとも勝利の数が多かった「YGX」が優勝しました。

2次ミッション:階級ミッション

各クルーのメンバーがリーダー/セカンド/サブ/アシスタントの4つの階級に分かれて一つのチームになりステージを披露、その中でまた実力を競うミッションです。

ここでは「PROWDMON」がMVPクルーとして選ばれました。

3次ミッション:K-POP4大天王ミッション

K-POPを代表する女性アーティストの4つの曲で、2つのダンスクルーがそれぞれ新しい振付を披露。

放送前にYouTubeにアップされた動画の再生数・いいねの数などを争うミッションです。

こちらは放送前からYouTubeにミッション動画がアップされていて、知名度の差によって不公平なことが生じたという指摘があります。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

『ストリートウーマンファイター』を日本から見る方法

『ストリートウーマンファイター』は2021年10月29日(金)23時~から、CS放送『Mnet』及び動画配信サービス 『Mnet Smart』で毎週放送予定です。

もちろん字幕付きですので、韓国語が分からなくてもご安心ください。

KBANでも引き続き『ストリートウーマンファイター』の最新情報を更新していきたいと思います。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

ストリートウーマンファイター

オススメ記事