韓国音楽番組のランキング集計方法を解説

この記事の著者

韓国出身のKPOP・韓国芸能専門フリーライター。慶応義塾大学卒業。

日本にて韓国ドラマや映画の翻訳及び輸入事業をサポート。広告代理店勤務を経て、2012年から韓国Mnetにて、M COUNTDONWやMAMAなどのPRやマーケティングに関わる。

現在は同社退職後、フリーライターとして、幅広い形で日韓文化交流にかかわっている。

韓国の音楽番組のランキングは、どのように決まるのでしょうか。

各音楽番組のランキング集計方法をまとめてみました。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

韓国の音楽番組のランキング集計方法を知る前に

韓国の音楽番組のランキングは、主に音源、音盤、SNS、ファン投票などの項目に、それぞれの番組が決めた割合で点数がつけられて決まります。

まずはここで言う音源、音盤…などは何を意味するのか、説明いたします。

音源

「音源」とは、音楽ストリーミングサービスでのランキングやダウンロード数などを意味します。

「音源」は、どの音楽番組でもかなり反映される割合が大きいですので、韓国のファンは活動期間中はスミン(스밍、音楽ストリーミングサービスで曲を再生し続けること)をかなり頑張っているんです。

ただサブスク音楽配信サービスがいくつもあって、各音楽番組によってランキングに反映するサービスが異なりますので、そこは要注意です。

ランキングにおける重要性が年々高くなっている項目ですが、著作権などの問題もありますし、残念ながら海外に住んでいると貢献できない部分ではあります。

音盤

「音盤」はもっとも分かりやすい項目で、アルバムの売上げです。

韓国ではアルバムが発売して1週間の売上げ=初動売上げが、グループ人気の尺度として使われたりもします。

こちらは海外ファンが買った分ももちろん反映されます!

ただ音楽番組のランキング集計における重要性は低くなっているのが現状です。

SNS/動画/YouTube

SNS/動画/YouTubeと呼び名は様々なですが、基本的には点数は公式YouTubeチャンネルのミュージックビデオの再生数です。

これも海外からでも貢献できる部分ですね!

放送

放送点数とはラジオやテレビなどで音楽が何回流れたかで決まるものです。

ただこちらは番組によって基準がはっきり出ておらず、曖昧な部分も多いものです。

ファン投票(事前投票/リアルタイム投票)

音楽公式アプリだったり、決められたサイトなどを通じて、ファンがアーティストに投票して、その結果が反映されます。

音楽番組によって事前投票をするところもあれば、生放送中に投票しなければならないところも、両方が反映されるところもあります。

最近では海外ファンも投票に参加できるようになっています。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

韓国の音楽番組のランキング集計方法

それではここから韓国の各音楽番組のランキング集計方法を詳しく説明していきます。

※2021年6月現在のものであり、集計方法は変わる可能性もあります。
※それぞれ満点が異なり、足して100%になるものではございません。

THE SHOW

  • 音源 40%
  • 音盤 10%
  • 動画(YouTube) 15%
  • 放送 15%
  • 事前投票 5%
  • リアルタイム投票 5%

新人を中心に出演している音楽番組で(もちろんデビューして5年、6年になったグループも出演することもあります)、多くの新人がこの音楽番組で初めて1位を経験します。

ステージの上で涙を流すシーンも多い番組ですよね。

SHOW CHAMPION(ショーチャンピオン)

  • 週間総合チャート(音源+音盤) 50%
  • SNS(YouTube)  10%
  • 事前投票(IDOLCHAMPアプリでの投票) 20%
  • 放送 20%

M COUNTDOWN

  • 音源 45%
  • 音盤 15%
  • SNS(YouTube) 15%
  • 事前投票(GENIE、M WAVE、Mnet Japan、Whosfanでの事前投票) 15%
  • 放送(Mnet放映点数) 10%
  • リアルタイム投票 10%

海外視聴者を意識しているMnetだけに、海外ファンも参加できる事前投票の割合が高いです。

ショー!K-POPの中心

  • 音源 50%
  • 音盤 10%
  • SNS(YouTube) 15%
  • 放送&視聴者委員会 15%
  • 事前投票 10%
  • リアルタイム投票 10%

視聴者委員会は事前に(1~2週間ほど前に)申請をして、当選したら投票することができます。

SBS人気歌謡

  • 音源 55%
  • SNS(YouTube) 30%
  • 放送 10%
  • 事前投票 5%
  • リアルタイム投票(STARPASSアプリ投票) 5%

各音楽番組の中でもっともSNS点数が大きいです。

SNS点数は最初はYouTubeだけではなくFacebookやツイッターなども反映するとのことでしたが、最近ではYouTube再生数のみになっています。

ミュージックバンク

  • 音源 40%
  • 音盤 5%
  • 視聴者委員会 10%
  • 放送 20%

ミュージックバンクの視聴者委員会は、KBS国民パネルというものに登録したら投票に参加することができます。

事前に申し込んで加入する必要があります(韓国在住者のみ可能)。

それからミュージックバンクは放送点数が大きいので、音源でものすごく強いグループでも何週間も続けて1位になるのがかなり難しい番組でもあります。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

まとめ

ここまで韓国の音楽番組のランキング集計方法をまとめて紹介しました。

やはり音源点数が強くないといけない、という印象ですね。

これからも最新情報にどんどんアップデートしていきますので、お役に立てればと思います。

最新韓国情報をLINEで受け取る

友だち追加

この記事のタグ

オススメ記事