ボーイフレンド5話のあらすじ・ネタバレの感想

この記事の著者

韓国の大学で日本語学科を卒業し、「大韓翻訳院」の翻訳家育成教育を修了。 日本語能力検定960点。 現在韓国在住で、韓国語教師の仕事にも従事している。

スヒョンのスキャンダルの相手がジニョクだったという事実が明らかになり、ドンファホテルの社員たちはまだざわついています。スヒョンは困難に直面し、自分自身を守ろうとしますが、ジニョクが世間の噂になっていることが気になります。一方、ジニョクの存在を知ったウソクはジニョクに関する情報を集めるよう命じます。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

序盤

ジニョクは多くの社員たちがいる前で、「僕とラーメン食べに行きましょう!」とスヒョンに言い、自分がスキャンダルの相手だということを告白しました。その状況を見守る社員たちが慌てふためいている中、スヒョンは答えました。

「ラーメンは私がおごります。」とスヒョンは言いました。そして、2人は気持ちを落ち着かせるためにジニョクの知り合いがやっているという喫茶店に行きました。

そこは、ジニョクにカメラをあげた人の奥さん(イ先生)がやっている喫茶店でした。イ先生は、ジニョクに、「彼女?仕事は何をしているの?」と色々と質問をしました。

スヒョンは、「明日からあなたは会社で辛い目に遭うかもしれない。」とジニョクを心配しました。しかし、ジニョクは「ここまで来たからには、僕たちはもっと親しくならないといけないです。」と言い、スヒョンを安心させました。

2人の関係が公になり、周りの人たちは戸惑いました。ウソクはジニョクの存在を知り、ジニョクについて詳しく調べ始めました。

そして、この状況を収拾しなければいけない役割のジャン秘書は、ジニョクに丁寧にお願いをしに行きます。「今日は、感動しました。でも、ここまでにしてほしいです。」とジャン秘書は言いました。

「僕たちは自然に過ごすことにしました。」とジニョクは答えます。「僕たち?スヒョンの唯一の友達は私よ。恋愛経験もなく、テギョングループに嫁いで足枷を付けられたスヒョンを私にはどうしようもできなかった。どんなに辛くても彼女は泣かないのよ。」とジャン秘書はスヒョンを想いジニョクに話しました。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

中盤

次の日、スヒョンがどんな人生を歩んできたかをジニョクは身を持って体験しました。周りからの冷たい視線にジニョクは心が折れそうになり、その姿を見たスヒョンは胸が痛くなりました。

そして、ジニョクに「ラジオを聴きながらリラックスしてください。」とメッセージを送りました。ジニョクは仕事をさぼって、2人でホンジェ洞にある美術館に行こうとスヒョンを誘いました。

スヒョンはデートの誘いを断れず、2人はホンジェ洞に向かいました。ホンジェ洞にある美術館とは、川沿いにある散歩道に絵が展示されているところでした。

2人が立ち止まった先には、「どこで何になってまた出会うか」という題名の絵が飾ってありました。その絵を見たジニョクは、「僕たちは何になってまた出会うことになると思いますか?」とスヒョンに聞きました。

ジニョクの目を見てスヒョンは、「変わることはないわ。」と答えました。スヒョンとジニョクの2人は、ジニョクと仲のいいイ・テチャンがやっている居酒屋に行きました。

ちょうどそこには、ジャン秘書がいました。「どうして、2人一緒にいるの?!」とジャン秘書は驚き、結局3人でテーブルを囲みました。

その時、ヘインがお店にやって来ましたが、中の様子を見たヘインはお店の中には入りませんでした。ジニョクとの思い出はたくさんありますが、ジニョクに片思いしているヘインは社長とジニョクのこの関係にどうしようもない気持ちでいっぱいです。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

終盤

スヒョンとジャン秘書が2人で帰る途中、ジャン秘書は「これ以上問題になる前になんとかこの状況を収拾しないと。」と言いました。スヒョンは、「分かってるけど、彼を避けようとしてもまた元に戻ってしまうの。もっと若い頃にこの気持ちが分かったらどんなだったかしら。」と答えました。

「今になって、この歳で離婚した私にこのタイミングでこんな気持ちになるなんて。」とスヒョンの切ない気持ちが分かるジャン秘書も辛い気持ちになりました。自分の気持ちを押し殺そうとするスヒョンでしたが、自分勝手な母親を見た瞬間に決意が揺らぎました。

我慢はここまでにしよう、これ以上は耐えられないと思ったのでした。興奮した気持ちを落ち着かせようとジニョクと一緒に見た絵を見に出かけました。

そこに、魔法のようにジニョクが現れました。「友達以上恋人未満っていうのは、好きという感情が確信と疑心の間で彷徨っていることらしいです。この今の感情が好意か、確信と疑心のどちらなのかそのままにしておくのはどうですか?」とジニョクは言いました。

「僕たち、今日から友達でもない、恋人でもない関係として会いませんか?」とジニョクは言いました。こうして2人の関係は、急発展していきました。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

ボーイフレンド5話の感想

公の場で、勇気を持って告白したジニョクですが、社員からの冷たい視線で心が折れてしまいました。スヒョンとの関係を考え直すかと思いましたが、世間の目に怯まず堂々とデートをする2人が素敵に思いました。恋人になる前の関係の2人ですが、これからの展開が楽しみです。

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

ボーイフレンドあらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事