今日の探偵16話のあらすじネタバレ結末の感想

この記事の著者

韓国の大学で日本語学科を卒業し、「大韓翻訳院」の翻訳家育成教育を修了。 日本語能力検定960点。 現在韓国在住で、韓国語教師の仕事にも従事している。

旅行博覧会の会場で無差別殺人を実行しようとしているウエ。
今回はその詳しい内容について明らかとなります。

会場のスタッフとして入り込むことに成功したヨウルとハン所長は、ダイルと共に、このとんでもないテロ計画を未然に防ぐことが出来るのでしょうか?

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

【序盤】

多くの人でごった返す博覧会会場。
ヨウルとイランの友人・ギョルはアルバイト員として、この会場に潜り込んでいました。

ウエに指示されたのか、ギョルは人目を盗み、会場に運ばれてきた飲み物に毒薬を入れます。

一方、キル先生は顔見知りの(?)幽霊から、こんな情報を聞き出していました。
それは、幽霊は死ぬ前にしていた行動を繰り返すという習性があるということでした。

これを聞いたダイルは、この話とウエが最初に犯した殺人を結び付けて考えていました。
「1番愛する人・・・自分のせいで父親が自殺したから、ウエは父親は自分が殺したと考えた・・・つまりこれが最初の殺人・・・だからウエは人々を自殺するように仕向けて殺しているのだ。」

そして、1つの結論を出しました。
「ウエの父親は毒物を飲みものに入れて自殺をした・・・会場でも毒を入れるに違いない!」

その時、キル先生のもとに連絡があり、ヨウルとハン所長はちょうど「無料試飲コーナー」の前にいるというではないですか!
しかもハン所長は、しきりに喉が渇いたと言ってその飲料を飲もうとしています。

試飲コーナーに急ぐダイル!

ちょうどそのとき入場が始まり、たくさんの人が会場に入ってきました。
試飲コーナーのジュースに手をかける来場客。

すると突然何かの力で、そのジュースが飛ばされてしまいました。
ダイルが飲むのを阻止したのです。

すぐにダイルはヨウルとハン所長に事情を話します。

何事かとざわめき立つ来場客に向かい、パニックを避けるためハン所長が説明します。
「異物が混入してという連絡がありました!ジュースを飲んではいけません!」

こうしてダイルと仲間たちの活躍により、無差別殺人は未然に防ぐことができたのです。

この時会場では、一部始終をカメラで撮影していた人物がいました。
それはペク弁護士に雇われている記者のウンチョンでした。

そして毒を入れた実行犯のギョルは、このどさくさに紛れて会場から抜け出していたのです。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

【中盤】

ペク弁護士に博覧会会場で写した写真を渡すウンチョン。

ペク弁護士 「早いうちに記事を書いてください。」
ウンチョン 「テロを阻止した新英雄、警察は何をしている?みたいな感じでいいですかね?」

それに対しペク弁護士は、警察を非難するよりも、ヨウルたちを持ち上げる内容にして欲しいと言うのでした。

場面は変わって警察署前。
キル先生とパク刑事がいます。

取調室でダイルの署名入りのメモをもらったパク刑事は、その状況を理解することができずにいました。
いいえ、わかっているのに信じたくないというのが本当のところなのです。

パク刑事 「お前にはイ・ダイルが見えるのか?」
キル先生 「自分が見たとおりに信じればいいんじゃない?」

パク刑事 「イ・ダイルは死んだのか?幽霊なのか?」
キル先生 「・・・うん、見えるのはヨウルだけ・・・」

それを聞いたパク刑事は、ヨウルがいつもどこか違うところを見ていたことを思い出します。
「俺は幽霊なんて信じないからな!」

そう言って立ち去っていくパク刑事を同情の目で見るキル先生。
「アンタも辛いね・・・」

探偵事務所にペク弁護士がやってきました。

ウンチョンから受け取っていた、博覧会会場での写真を持って来たのです。
「容疑者が捕まっていないと聞いたので、この写真がお役に立つかと思って・・・」

ヨウルは、写真の1枚にギョルが写っているのを発見します。

「ヨウルとイランの共通の友達なら、ウエがターゲットにする可能性があるな。」
ダイルはそう言うと、「ペク弁護士にバレないよう、ギョルのことをハン所長に調べてもらえ。」とヨウルに指示します。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

【終盤】

大変なことをしでかしてしまったと自宅で泣いているギョル。
そこへヨウルが訪ねて来ます。

ギョルには見えていませんが、もちろんダイルも一緒です。

ヨウルは「現場にいたでしょ?」とギョルを問いただします。
するとギョルは興奮気味にこう答えたのでした。

「あの女がいうことを聞かないとヨウルを殺すと言ったんだ!イランも守れなかったのに、ヨウルまで死なせるわけにはいかないじゃないか!」

それを聞いたダイルは、目が赤くなり、突然ギョルに殴りかかります。
「お前、自分が何をしでかしたのかわかっているのか!」

さらに攻撃を加えようとするダイルの腕を掴むヨウル。
すると赤かった目が元に戻り、ダイルも正気を取り戻します。

そこへウエからギョルの携帯に、ビデオ通話がかかってきました。

ウエ 「あんたたち、ギョルが間違ったことをしたと思ってるの?誰でも同じ立場になったら、ギョルと同じ選択をするわ。」
ダイル 「俺は2人とも助かる方法を選ぶ。」

ウエ 「さあ、できるかしら?」
そう言ってウエが画面に映したのは、男性が女性を殺そうとしている場面でした。

電話を借りるために声をかけたカップルを操り、男に恋人を殺させようとしているのです。
そしてウエはダイルたちにこう言います。「今すぐギョルを殺して。じゃないとこの女が死ぬわよ。」

一瞬戸惑うダイル、しかしその後ろでギョルはカッターを手に持ち、自分の首を切ろうとします。
すぐにギョルの手からカッターを振り落とすダイル!と、その瞬間!

ダイルがその場から消えてしまったのです!
それにはウエも驚きを隠せませんでした。

ダイルはその時、どこか知らない場所にいたのです。
ベッドの上で目覚めるダイル・・・。

→メディヒール社員が教える本物・偽物パックの見分け方

【今日の探偵 16話の感想】

無事に無差別殺人を未然に防ぐことに成功したダイルたち。
今まで浮気調査専門だったハン所長は、やっと探偵らしいことができたと大喜びです。

それにしても、記者を雇って写真を撮らせたり、その写真を使って犯人探しに協力したり、一体ペク弁護士の目的は何なのでしょうか?

ダイルたちの味方なのか?あるいは敵なのか?
今後、注目していきたいキャラクターの1人です。

それにしても、ダイルが急にヨウルやウエの前から姿を消してしまったのにはビックリしました。
ダイルが目覚めた場所は一体どこなんでしょうか?

目覚めた・・・ということは、ダイルは本当は生きている?!
謎はどんどん深まるばかりです!

友だち追加

このカテゴリの他の記事

この記事のカテゴリ

今日の探偵あらすじ全話一覧 韓国ドラマ

オススメ記事